エンカレッジアンドカンパニーは売上アップと費用ダウンの両方を支援する経営コンサルティング会社です。売上アップ・会計税務・中国関連コンサルティングを実施します。

Academy経営相談の回答②

  • HOME »
  • Academy経営相談の回答②

適用したメソッド:PM理論

「リーダーシップの果す機能を(1) 組織目的を達成させるような「目標達成力」 Performanceと(2) メンバー間のコンフリクト解消などの「組織維持力」 Maintenanceの2つの次元で捉え、リーダーシップを PM型・P型・M型・pm型 の4つに類型化した。それらのリーダーシップ型と組織の生産性やモラールとの関係について調査したところ、状況のいかんを問わず、PM型リーダーシップにおいて生産性・モラールともに最高となる研究が三隅二不二よってなされた。

本件は、経営者が悩む社員との接し方の葛藤が特徴的で、PM理論に当てはめて考えると課題を整理しやすかったです。
経営者は一般的に目標達成力(Performance)はあるものの、組織維持力(Maintenance)は十分ではないタイプが多いです。
サブリーダーとして当社女性コーチが社員指導の一部を担当し、リーダー(経営者)を自らの言葉で肯定し組織維持力増幅の役割を発揮し、組織として目標達成力も組織維持力もある状態を目指しました。

⇦戻る

お電話はこちらへ TEL 03-6907-1616 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
rakurakuseisan
freee_advisor
  • facebook
Instagram